管理部門必見!給与計算、勤怠管理にも使える会計ソフト

勤怠管理や給与計算ができる会計ソフト

近年は会計ソフトの技術が発展したことにより、一つの会計ソフトで様々なことができるようになりました。
その1つが「勤怠管理」です。近年の会計ソフトはクラウド上でおこなうことが多く、利用者はインターネットから専用画面にアクセスして勤怠入力することになります。管理職の方は管理職が承認、却下する場合も同じ専用画面にアクセスすればよく、さらに自身が担当している人の勤怠情報をすべて見ることができるので、管理業務を大幅に減らすことができます。
2つめの機能が「給与計算ができる」ということです。
従業員の勤怠情報を一括で管理できるので締め日になれば自動的に給与の金額を計算してくれます。これにより給料計算の業務の負担がなくなるだけでなく、計算ミスなどのトラブルも発生しにくくなります。

会計ソフトを選ぶコツ

自身の会社にあった会計ソフトを選び出すにはいくつかコツがあります。
コツの1つめが「選ぶ基準を明確化する」ということです。近年の会計ソフトは色々できるので、対応できる機能の数だけで選ぶとコストが高くなったり、使いにくかったりと失敗することがあります。「勤怠管理が面倒だから、それに強いソフトにする」など選ぶ基準を明確にしておくと、自分の会社にあった会計ソフトがみつかりやすくなります。
コツの2つめが「会社の未来に合わせる」ことです。会社が今後、人を大幅に増やしていくならば、様々な機能が使える拡張性豊かなソフト、逆に少数精鋭でいくならばコストが安く特定の機能に優れたパッケージタイプのソフトにするなど、会社の将来像に合わせて選ぶようにしましょう。

マイナンバーシステムは、国民の財産を政府が一括で管理しやすくするために導入されました。社会保険料を滞納していれば強制徴収される可能性もあります。

© Copyright Department Accounting Software. All Rights Reserved.