会計ソフトのイ・ロ・ハ

会計ソフトの基本的な使い方

会計ソフトは会社の会計情報を入力していくとあらゆる表などが自動的に生成できるようになります。会計ソフトに金額を入力するには消費税を意識せずに税込み価格で入力していくのがポイントです。会計ソフトにはたくさんのデータを入力するイメージがありますが、実際に入力するのは現預金・売掛金・買掛金・給与を入力すれば80%は終わっているといえます。また、最近の会計ソフトでは、銀行預金や売掛金、買掛金、カードの支払いについてネットバンキングやクラウド制給与発行サービスとの連動により自動的に変換して取り込めるタイプもあるので、このようなソフトを選ぶと業務も効率化できます。自動機能を最大限に活用することで、短時間で正確な経理処理が可能になります。

オプション機能にも注目

会計ソフトには、オプションで機能を追加できることが多いです。たとえば前期比較決算書の作成機能、貸借対照表の作成機能、前期比各財務諸表などの作成機能は付けておいた方が会社の運営状態がすぐに把握できて便利です。また、最近は勤怠管理システムと連動できるタイプのソフトも出ています。勤怠管理システムと連動させれば、社員の残業時間や休日出勤時間などのデータが即時に取り組め時間管理がおこないやすくなります。更には、給与管理ソフトと連動できる会計ソフトも多く登場していますので、これらの利用により社員の給与計算も自動化され大幅な業務の効率化がおこなえます。専属の計算スタッフも必要なくなりますので人件費も削減できるでしょう。

会計システムとは、企業の経理業務をサポート効率化するシステムのことです。経理業務ではミスが許されません。したがって、多くの企業が導入し、確実かつ円滑な経理業務を行っています。

© Copyright Department Accounting Software. All Rights Reserved.