後悔しない会計ソフトの選びかた

実際に一定期間使ってみて選ぶと後悔しない

会計ソフトには色々なものがあって、どれが使いやすいものなのかは、カタログを見ただけでは分かりません。実際に自分で使ってみないと、感触を確かめることはできないのです。そのため、多くの会計ソフトには無料試用期間というものが設けられています。一定の期間中なら、高額な会計ソフトでも無料にて使っていくことができるのです。基本的にほとんどすべての操作ができますから、この試用期間中に不便なことはないか確かめておくのがいいでしょう。試用期間が認められている会計ソフトをあらかた使って確かめてみて、その中から一番良かったものを選ぶと後悔はしにくくなります。会社によっても部署によっても、ベストなソフトが何かは違ってきます。一つ一つ精査することが大事です。

無料のものを使えば後悔はしにくい

最近は、完全に無料だという会計ソフトも続々登場してきています。いわゆるフリーウェアというものですね。ダウンロードして使うものもあれば、クラウドタイプでダウンロードすらする必要がないものもあります。無料ですから、高機能ではないかもしれません。しかし、一般的な会社で使う分には何も問題はないでしょう。個人事業主の人たちにも便利なはずです。フリーウェアなら、とにかくお金がかからないので、もしも間違ったものを使っていたとしても経済的なダメージは発生しません。ただし、有償ソフトのようにサポートが充実しているわけでもなく、頻繁にアップデートされるわけでもないので、使い勝手は多少落ちてしまうのは仕方のない部分です。

勤怠管理とは、会社には、出勤や退社時間など様々な決まりごとがありますが、従業員がこれらの規則を適切に守っているかどうかを管理することを言います。労働基準法に違反しないよう、定められたシステムです。

© Copyright Department Accounting Software. All Rights Reserved.