ソフト1本でここまでできた!

社員の給与計算まで自動でできる

会計ソフトでできることは年々増え続けています。会計に必要な機能をバージョンアップで次々と盛り込んでいくことで、様々なことに応用できるまでになりました。今や会計ソフトは、単なる計算ソフトではなくなってきています。総合的に経営を円滑化するためのツールとして重宝されるようになりつつあるのです。中には社員の勤怠管理ができるものもあるので、経営者なら調べておきたいところですよね。社員の勤怠データさえ入力し終えると、会計ソフト一本で全社員の給与を自動で計算することも可能になります。さらには、給与明細のプリントアウトまでできるのがすごいですね。高機能な会計ソフトと、その使い方を熟知したスタッフさえいれば、経理部門の大幅な人員削減も可能になることでしょう。

役所に提出する書類の作成も可能

個人事業主が確定申告書を作成するときにも、会計ソフトは使えます。最新の会計ソフトであれば、今年提出する予定の確定申告書の作成も自動でできてしまいます。税務に関する法律は毎年細かく変化するのでバージョンを最新にしておくことが必須ですが、それさえしておけば、そのまま役所に提出をして問題のない公式スタイルの書類が自動作成できるのです。簿記の知識がないと青色申告はできないなどと言われていますが、会計ソフトを使えばそんな知識も一切必要がありません。書式が完全に提出書類と合致しているので、完璧な提出書類をプリントアウトできるというわけです。会計ソフトに任せておけば、数字のミスも極力減らせるので、修正申告などをする必要も薄くなります。

勤怠管理システムは各職員の勤務先への出勤時間や退勤時間、休憩時間をそれぞれ記録することで、一人一人の勤務状況を把握できるものです。時給制の場合このデータを基に給料を割り出せます。

© Copyright Department Accounting Software. All Rights Reserved.